消費者金融で総量規制以上借りれるって本当?

借りれた男女のイラスト図

消費者金融は貸金業法に沿って営業していますので、年収の3分の1以上の貸付は禁止となっています。

 

しかし、消費者金融でも総量規制以上に借りれることは実際には可能なんです!それは総量規制例外貸付または、総量規制除外貸付で借りる場合です。

 

総量規制は年収3分の1を超える貸付を禁止としていますが、資金需要者には様々なケースがあり、一律に3分の1までと規制すると支障が出てくることが考えられますので、総量規制にも例外貸付と除外貸付が存在し、それらの貸付の場合は、年収の3分の1以上でも融資が可能となっているのんです!

 

総量規制例外貸付ってなに?

 

総量規制例外貸付とは、主におまとめローンや借り換えローンなどの、顧客に一方的に有利となる借り換えや、段階的に債務を減らす借り換え、緊急医療時の貸付、配偶者との年収の合算貸付などがあります。

 

総量規制例外貸付の種類

  • 顧客に一方的に有利となる借り換え・段階的に債務を減らす借り換え
  • 緊急の医療費の貸付
  • 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金貸付
  • 配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付
  • 個人事業者に対する貸付
  • 預金取り扱い金融機関からの貸付を受けるまでの「つなぎ資金」に係わる貸付

 

上記が総量規制以上でも借りれる貸付となりますが、実際に借りられるとしたら、1番の顧客に一方的に有利となる借り換え・段階的に債務を減らす借り換えになるでしょう。

 

その他に関しては消費者金融側の手間が大きいので、どこも貸付はしていないと思った方が無難です。

 

では、顧客に一方的に有利となる借り換えや段階的に債務を減らす借り換えとは何なのか?と言えば、おまとめローンや借り換えローンのことなのです!

 

細かく言えば、顧客に一方的に有利となる借り換えと、段階的に債務を減らす借り換えは、内容が違ってきます。

【顧客に一方的に有利となる借り換えの条件】
顧客に一方的に有利となる借り換えは、借り換え前よりも金利が1%でも下がり、尚且つ総返済金額が以前よりも下回ることが条件となっています。

【段階的に債務を減らす借り換えの条件】
段階的に債務を減らす借り換えは、借り換え前よりも金利が1%でも下がり、返済専用のローンとなっていることが条件となります。

 

顧客に一方的に有利となる借り換えは使いづらい?

 

男性イラスト

上記2つの条件を見て分かると思いますが、顧客に一方的に有利となる借り換えは、金利が下がる以外にも、総返済金額が借り換え前よりも下がることが条件となっています。

 

これは意外に厳しいことで、金利を下げたとしても、返済期間を余裕をもって前よりも長くした場合(毎月の返済金額を引き下げると返済期間は長くなる場合があります)、総返済金額は借り換え前よりも上回る場合が多いのです。

 

おまとめローンは金利を引き下げるて一本化することですが、債務者にとって一番喜ばれることは、毎月の返済金額の軽減です。

 

おまとめローンをする人は負債が多い傾向があり、毎月の返済が厳しい人がほとんどです。仮に低金利で一本化したとしても、毎月の返済金が同じならば、あまり魅力を感じない人もいるのです。

 

金利は下がっているので、同じ返済金額でも元金が多く減り、返済回数も短くなっているのですが、毎月の返済金額も引き下げて、余裕をもって完済まで返済したいと言うのがおまとめローンで借りたい人の本音なのです。

 

そうした場合、仮に今現在4万円の返済金額で、おまとめローン後は25,000円になり、多少総返済金額が増えても、それの方が良いというケースが多々あります。

 

消費者金融の実務からすると、この総量規制例外貸付の顧客に一方的に有利となる借り換えは債務者にとってはあまり良い商品にはならないのです。

 

消費者金融のほとんどは段階的に債務を減らす借り換えで契約

 

男性指さし画像

現状、消費者金融のほとんどは段階的に債務を減らす借り換えで総量規制例外貸付をしています。

 

この段階的に債務を減らす借り換えは金利を下げて、返済専用(追加借入禁止)のローンにすればOKになりますので、総返済金額は条件にありません。

 

そのため、プロミスやアイフルなどのおまとめローンでは、基本的に契約後追加借入ができず、返済しかできないローンになっているのです。もし、おまとめローン後でも追加で借入をしたい!と思っている人は、消費者金融のおまとめローンには申込みせずに、銀行カードローンでおまとめローンを契約することをおすすめします。

 

銀行の場合、総量規制はありませんので、仮におまとめローンで融資したとしても、原則、限度額内での借入はOKとなっています。

 

しかし、おまとめローンで限度額内で借入していては、いつまでたっても借金は減っていいきませんので、私自信の個人的にな考えだと、おまとめローンまでする人ならば、返済専用にして、完済まで借入をしない方が絶対的に借金は早くなるなると思います。

 

どちらにするかは、貴方次第なのですが、おまとめローンは返済金額もそうですが、収入・支出を細かく計算して、無理のない返済計画を立てることが最も重要なことです。