総量規制オーバーになるとどうなるのか?

借りられなくなった男性画像

総量規制とは、年収の3分の1までしか借入ができないのですが、もし仮にこの総量規制をオーバーしてしまうと、どうなるのか知っていますか?

 

結論から言えば、借金の金額が年収3分の1未満になるまで、追加借入ができません!ただ、これだけです。

 

というか、まず、総量規制オーバーになるには、年収3分の1以上借りることが条件となってきますが、消費者金融やクレジットカードのキャッシングは指定信用情報機関での情報を見ていますので、基本的に総量規制以上に借りることができません。

 

この指定信用情報機関のデーターはリアルタイムで登録しているので、同時申込みぐらいのタイミングであれば、データー更新はされていない可能性もありますが、1日や2日の間隔であれば、間違いなく最新のデーターが登録されています。

 

そのため、年収1/3を超えて借りることは基本的に消費者金融では不可能となるのです。

 

消費者金融では無理でも銀行カードローンは借りれるの?

 

当サイトトップページにも書いていますが、銀行カードローンは総量規制は関係ないので、総量規制オーバーでも法律的には借入することが可能です。

 

しかし、銀行は消費者金融よりも審査が厳しくなるので、総量規制以上に借りたいのならば、フリーローンで申込みするのではなく、おまとめローンや借り換えローンでお申込みしたほうが、審査に通りやすくなる可能性があります。

 

銀行は個人向け融資に今力を入れており、仮に消費者金融で数件借りていて、返済能力が微妙だと判断した場合、フリーローンでの融資よりも、負債(借金)が現状よりも増えない、おまとめローンや借り換えローンでの融資の方を好みます。

 

今の負債金額で返済ができているのであれば、低金利へ借り換えした場合、毎月の負担も減るので、銀行としては借り換えローンであれば貸付可能と判断する場合もあるのです。

 

総量規制オーバーになって借りられないのは消費者金融などの貸金業者であって、銀行カードローンは審査次第でも借りることができます。そのことからも、より多くの借りれをしたいならば、最初から銀行カードローンへ借入してから、消費者金融へ申込みした方が多くのローンを借りれることになるのです。

 

総量規制オーバーしたらずっと借入ができないのか?

 

腕組み男性イラスト

一度総量規制MAXやオーバーした人は、年収を上げるか、借金を減らすまで原則貸金業者からの借入はできません。

 

すぐに年収を上げるのは困難なので、やはり借金を減らす以外方法が無いと言えます。例えば年収300万円の人は総量規制で借りられる金額はMAXでも100万円となります。

 

もし、借金が105万円ある人ならば、毎月返済を多めにしていき80万円まで減った場合、残り20万円はまた借入ができることになりますが、消費者金融などの貸金業者は自社で10万円以上の追加借入をした人を対象に定期的に信用情報を調査していますので、総量規制オーバーになった時点で、消費者金融は追加借入を停止します。

 

今までATMからカードを使って追加融資を受けていた人でも、借金の金額が年収3分の1以上になれば、カードから借入もストップしてしまうのです。

 

毎月返済後に追加で借入していた人にとっては、追加融資ができなくなったことによって、返済不能になる場合もあります。カードが使えなくなるのに基本的に消費者金融側から連絡はありませんので、自分自身であといくらまで借りられるのか、年収と負債の金額を把握しておくことが重要と言えます。