正式に申込む前に簡易診断を利用するのが得策

アコム3秒診断画像

男性イラスト

消費者金融のカードローンを初めて利用する人の中には審査に通る確率を高めるためや、多額のお金を借りるために、やみくもに複数の業者に申込む人がいます。

 

しかし、現在は信用情報機関にある登録情報の照会が徹底されているため、短期間に複数の業者に申込むと「申込ブラック」となり、どの業者からも借入ができなくなります。

 

そこで、有効なのが「簡易診断」です。近年、大手消費者金融には「借入診断」や「3秒診断」という名の簡易的に申込が可能かどうかを一瞬にして判定するツールがあり、審査に通るかどうかの目安になっています。

 

簡易診断では姓名などの個人情報を入力しないため、信用情報機関に登録されることが無く、何回利用しても申込ブラックになりません。なお、簡易診断で申込が可能となったとしても、正式な審査に通ることを保証しているわけではありません。

 

例えば、アコムには「3秒診断」という簡易診断ツールがあり、「生年月」と「性別・独身既婚」、「他社の借入状況」という3項目を入力して「診断開始ボタン」を押すと、申込が可能である場合は、「ご融資可能と思われます。」という文章が表示されます。

 

簡易審査の正確性はどれぐらいなのか?

 

正直なところ、入力項目が3項目しかないために判定がアバウトである面は否めず、年齢制限に抵触せず、他社から高額な借入をしていない限り、判定は融資可能になります。

 

ちなみに、融資可能と言いきれない場合は、「お客さまの入力情報では、お借入可能か判断できませんでした。」との文章が出ます。この場合は、審査を受けても落ちるケースの方が多くなります。

 

アイフルには「1秒診断」という名前のツールがあり、「年齢」、「雇用形態」、「年収」、「他社借入金額」の4項目を入力します。雇用形態や年収が含まれているため、アコムよりは実際の審査に近い判定になっています。

 

そして、年齢の項目で20歳未満や70歳以上を選択したり、雇用形態の項目で無職や専業主婦を選択したりした場合は、診断結果に「大変申し訳ありません。当社規定によりお借り入れができません。」という文章が表示されます。

 

なお、カードローンの利用条件は安定収入であり、収入の多寡は関係ないので年収が100万円でも申込可となります。ただ、年収がそれなりにあっても、他社借入額が相対的に多過ぎると不可が出ます。

 

そして、アイフルでは判定不明な場合は「ご入力いただいた情報だけではお借り入れ可否を判断できませんでした。」という文章が出ます。この場合は、詳細な情報を入力する正式な申込をして審査結果を待つしかありません。

 

消費者金融の審査に関しては、消費者金融でキャッシング!借り換えも解説が参考になりました。是非参考にしてみてください。