カードローンとフリーローンはどこが違うの?

考える男性画像

銀行などのホームページに「フリーローン」という商品を見かけることがありますが、そのフリーローンとカードローンを混同している人が少なくありません。

 

両者とも、無担保・無保証人で借入金の使途が自由(事業資金に使用することは不可)ということから性質は似ていますが、正確にはカードローンはフリーローンの一種でしかありません。

 

そのため、フリーローンとカードローンは別々に販売されており、当然内容は違うのです。

 

フリーローンは返済だけの商品で原則借入ができません!

 

カードローンとフリーローンの決定的な違いは、カードローンの場合は利用限度額まで枠が残っていると、何度でも借入を繰り返すことができますが、フリーローンは一度借り入れたら後は返済するだけであり、新たに借入をすることができません。

 

例えば、カードローンから利用限度額の50万円を借り入れ、返済を重ねたことで借入残高が30万円に減った場合は、空いた枠の20万円を自由にATMから借り入れることができます。

 

追加融資をするときに、業者に借入申請する必要もありません。

 

ところが、フリーローンの場合は50万円を借りた後、借入残高が30万円になったとしても追加の借入はできないのです。再度借り入れたい場合は、新たに審査を受けて金銭消費貸借契約を締結しなければなりません。

 

残高スライドシステムになっているのはカードローンのメリット!?

 

そして、フリーローンにおける返済方式は通常、カードローンと同じ元利均等方式になっていますが、カードローンと違って残高スライドシステムは採っておらず、常に毎月同じ金額を返済する定額システムになっています。

 

残高スライドシステムは借入残高が減ると返済額も減少するため、いつまでも返済が継続していく傾向にありますが、定額システムは残高が減っても返済額は変わらないため、着実に元金が減少していく返済方法です。

 

また、毎月の約定返済だけではなく、年2回のボーナス払いを利用できるフリーローンもあり、その点でも返済に重点の置かれたローンと言えるでしょう。なお、返済方法は毎月指定日の口座引き落としのみとなっています。

 

金利はフリーローンの方が低い場合が多い?

 

ちなみに、利用条件の中に一定額以上の年収を付けているフリーローンもあるため、利便性という点ではカードローンに比べるとかなり劣りますが、その代わり、貸出金利はカードローンより低いのが一般的で、10%のみならず6%程度のものも少なくありません。

 

フリーローンという名前にはなっていますが、性質的には「目的別ローン」では販売されていない目的別ローンのようなものであるため、借入の目的が明確で、何度も借り入れる必要のない場合はフリーローンを利用した方が得策と言えます。

 

ただしフリーローンのデメリットとして、カードローンのような即日融資というわけにはいかないので、事前の計画・申込が大切です。(参考サイト:モビット審査借りるコツ.com