総量規制超えても借りれる?年収3分の1以上でも申込み可能な金融

総量規制超えても借りれる?年収3分の1以上でも申込み可能な金融

総量規制超えても借りれる?年収3分の1以上でも申込み可能な金融

男性指さしイラスト

2010年6月に貸金業法は完全施行となり、総量規制ができました。総量規制とは簡単に言えば、年収の3分の1までしか貸付ができないという法律です。借り手は自分の年収を証明する書類を提出もしくは年収を申告して、貸し手は最高でもその1/3までしか融資ができません。

 

会社員の人ならば、源泉徴収票や直近2ヵ月分の給料明細、自営業者の人は確定申告の写しなどで自分の年収を証明することになります。

 

年収400万円の人ならば最大でも133万円、年収600万円の人ならば最高で200万円までしか融資を受けることができないのです。

 

しかし、これにはいろいろな条件があり、絶対に年収3分の1以上借りれないか?と言われれば、そうでもありません。実は総量規制を超えても申込み可能で、審査次第で借りられるカードローンもあるのです!

年収3分の1以上でも借りられるのは銀行カードローン!

総量規制オーバーでも借りられるのは銀行カードローンです。審査が厳しい銀行カードローンで借りれるの?と疑問に思うかもしれません。なぜ銀行カードローンが総量規制以上でも借りられるのかと言えば、総量規制自体が貸金業法なので、年収1/3しか貸付ができないのは貸金業者だけなのです。

貸金業者ってどれを指すの?

貸金業者とは財務局や県知事の貸金業登録を受けている業者のことを指し、主に消費者金融会社、クレジット会社のキャッシング、信販会社、流通系クレジットカードのキャッシング、これら全ては貸金業者となります。
クレジット会社や信販会社はキャッシング以外にショッピングなどの割賦販売もしていますが、総量規制の対象となるのは、カードからのキャッシングのみです。

 

ショッピングなどの買い物は割賦販売法という別の法律があるので、総量規制の年収3分の1とは関係がありません。

銀行カードローンは銀行法という法律がありますので、貸金業法ではありません。その為、銀行カードローンであれば仮に年収600万円の人でも審査次第では3分の1以上となる200万円以上借りることが可能なんです!

 

年収3分の1以上でも借りれる銀行カードローンのメリットってなに?

銀行カードローンは消費者金融よりも多くのメリットがあり、将来的にカードローンと言えば、消費者金融では無く、銀行カードローンとなると思われます。

 

消費者金融と銀行カードローンは何が違うの?銀行カードローンのメリットを説明します。

銀行カードローンのここが凄い!

  • 消費者金融よりも低金利!
  • カードローンの最大限度額が高い!
  • 提携ATMの手数料が無料!(無料ではないカードローンもあります)
  • 年収3分の1以上でも借りることができる!
  • おまとめローンや借り換えローンも可能!(カードローによってはできないところもあります)
  • 審査時間も早くなっており、最短即日審査が一般的!
  • 銀行で借りていることで安心して利用することができる!
  • 銀行のキャッシュカードから借入できるローンもあるので周りを気にしなくてもいい!

銀行カードローンの代表的なメリットを上記に書きました。なんと言っても一番は金利が安いことです。例えば、50万円をカードローンで借りる場合、消費者金融であれば17%〜18%の金利になりますが、銀行カードローンは平均すると15%程度で、低金利な銀行になると、14%以下のカードローンもあります。

50万円借りた場合の消費者金融と銀行カードローンの金利比較

消費者金融

銀行カードローン

金利17%〜18%

金利12%〜15%

消費者金融との差は多いと4%以上にもなり、それだけ銀行の方が圧倒的に低金利なのです!

 

そして、利用者の満足度が高いのは、提携ATM手数料が無料になっている銀行カードローンが多い点です。

提携ATM手数料の比較

消費者金融

銀行カードローン

1回毎に108円〜216円

0円(無料)

※提携ATM手数料は銀行カードローンによっては有料なところもあります。必ず公式HPで確認してください。

カードローンから借入や返済をする場合、多くの人はコンビニに設置してあるATMを利用しています。それはコンビニがどこにでもあるのはもちろんですが、1日の中でコンビニに必ず1回は行く人もいるからです。

 

男性腕組みイラスト

その時についでにカードローンの返済や借入をするのですが、消費者金融の場合だと、1回につき108円の手数料がかかり、取扱金額が1万円以上の借入や返済になると1回につき218円の提携ATM手数料が取られてしまいます。

 

特に少額の借入をちょこちょことする人は1ヶ月でATM手数料だけで1,000円以上になるケースも多く、金利と合わせれば利用者にかなり多くの負担になっているのです。

 

その点、銀行カードローンは提携ATM手数料が終日無料なところが多く、いちいちコンビニ等の提携ATMを利用する場合、手数料の事を気にしなくてすみます。

銀行なら低金利でおまとめローンや借り換えローンができる!

銀行カードローンの上手な使い方として挙げられるのが、おまとめローンや借り換えローンです。特に消費者金融から数件借入している人は、低金利な銀行カードローンでおまとめ一本化することによって、毎月の返済金額を大幅に引き下げることも可能です。

 

銀行カードローンは限度額が大きくなればなるほど金利は下がります。もし150万円以上のおまとめローンならば、銀行によっては1桁台の金利もありますので効果は抜群です!

カードローン

150万円限度額の金利

イオン銀行カードローン

8.8%

オリックス銀行カードローン

9.0%〜14.8%

おまとめローンや借り換えローンで口コミ評判が高いのがオリックス銀行カードローンです。オリックス銀行は金利3.0%〜17.8%で最低金利は業界最低水準となっています。

 

そして、積極的におまとめローンや借り換えローンに対して融資をしている銀行の一つです。

 

今おすすめの人気銀行カードローンはここ!

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンLP画像

金利

限度額

審査時間

即日融資

3.0%〜17.8%

最高800万円

最短即日

※可能

※オリックス銀行カードローンは契約完了後、最短即日融資が可能です。

男性解説イラスト

銀行カードローンで選ぶなら、今オリックス銀行カードローンが最もおすすめです。まず、金利が3.0%〜17.8%で最低金利3.0%はカードローンでも最低水準の低さとなっています。
最低金利だけでは無く、限度額によって決められている金利も最低金利はかなり低めに設定されており、審査次第では100万円未満でも12.0%の金利で借りられる可能性もあります!

 

そして、一番の魅力はおまとめローン・借り換えローンにも対応しており、消費者金融からの複数の借入を一本化する人が多い銀行カードローンとなっています。低金利でおまとめすることによって、毎月の負担は軽くなり、余裕を持って借入を減らしていくことが可能です。

 

また、提携ATMが非常に多く、全国で約95,000台の提携ATM手数料が終日0円!消費者金融では借入・返済の度に毎回108円〜216円のATM手数料が取られますが、オリックス銀行なら手数料を気にすることなく何度でも利用ができるのです。
オリックス銀行の口座開設は不要で、300万円までは収入証明書なしで借りれるので、運転免許証のみで融資を受けられるのも多くの人が支持している理由となっています。

最短即日

オリックス銀行カードローン公式サイトはこちら⇒

新生銀行カードローン レイク

レイク画像

金利

限度額

審査時間

即日融資

4.5%〜18.0%

最高500万円

申込み完了画面に表示

可能

男性解説イラスト

新生銀行カードローン レイクは新生銀行が貸付する銀行カードローンです。その為、総量規制による年収3分の1規制はありません。

 

レイクの最大の特徴は銀行カードローンでも最短即日で振込融資が可能になっていることです。(平日14時までに所定の手続き完了が条件)

 

銀行カードローンで最短即日融資できるのは、三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行、みずほ銀行などがありますが、三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行はどちらともテレビ窓口・ローン契約機に来店してカード発行を受けてから提携ATMで即日融資が可能になっているだけで、自分名義の銀行口座への即日振込は対応していません。

 

このことから、年収規制が無い銀行カードローンで即日振込で借入するならば、新生銀行カードローン レイクの選択肢となるのです。即日振込以外にも、レイクの場合借入の5万円まで180日間無利息か、借入の全額を30日間無利息の2つの無利息を選ぶことができます!

 

そして、セブン銀行、ローソン、Enetのコンビニ提携ATM手数料も無料!金利は消費者金融と同等で銀行カードローンでも高い部類に入りますが、借入スピードはNo.1とも言えます。

新生銀行カードローンレイク公式サイトはこちら⇒

 

イオン銀行カードローンBIG

イオン銀行カードローンLP画像

金利

限度額

審査時間

即日融資

3.8%〜13.8%

最高800万円

最短即日

不可

男性解説イラスト

銀行カードローンで低金利と言えば、イオン銀行カードローンBIGが有名です。その理由は金利が3.8%〜13.8%で、最高の上限金利でも13.8%となっているので、消費者金融の18%よりも4%以上最初から金利が低いのです!

 

そして、1番の魅力は100万円以上〜200万円の金利がなんと8.8%!限度額100万円で金利8.8%は、どの銀行カードローンと比べても安い設定になっています。通常は11%〜12%が銀行カードローンの100万円限度額の平均的な金利となりますが、イオン銀行はさらにそれより低い金利なのが大きな魅力です。

 

以前までは審査に1週間程度かかっていた時間も、今は平日14時までにお申し込みすれば原則最短即日審査回答が可能となっており、カードが届く日数も最短で4日〜5日と、かなり融資内容が早くなりました!

 

この低金利でおまとめローン・借り換えローンもOK!オリックス銀行同様、300万円までは収入証明書不要で借りられるのもメリットです。他にもイオン銀行は毎月の返済金額が低く設定されており、月々の負担も少なく利用することができます。

イオン銀行カードローンBIG公式サイトはこちら⇒

アコム3秒診断画像

男性イラスト

消費者金融のカードローンを初めて利用する人の中には審査に通る確率を高めるためや、多額のお金を借りるために、やみくもに複数の業者に申込む人がいます。

 

しかし、現在は信用情報機関にある登録情報の照会が徹底されているため、短期間に複数の業者に申込むと「申込ブラック」となり、どの業者からも借入ができなくなります。

 

そこで、有効なのが「簡易診断」です。近年、大手消費者金融には「借入診断」や「3秒診断」という名の簡易的に申込が可能かどうかを一瞬にして判定するツールがあり、審査に通るかどうかの目安になっています。

 

簡易診断では姓名などの個人情報を入力しないため、信用情報機関に登録されることが無く、何回利用しても申込ブラックになりません。なお、簡易診断で申込が可能となったとしても、正式な審査に通ることを保証しているわけではありません。

 

例えば、アコムには「3秒診断」という簡易診断ツールがあり、「生年月」と「性別・独身既婚」、「他社の借入状況」という3項目を入力して「診断開始ボタン」を押すと、申込が可能である場合は、「ご融資可能と思われます。」という文章が表示されます。

簡易審査の正確性はどれぐらいなのか?

正直なところ、入力項目が3項目しかないために判定がアバウトである面は否めず、年齢制限に抵触せず、他社から高額な借入をしていない限り、判定は融資可能になります。

 

ちなみに、融資可能と言いきれない場合は、「お客さまの入力情報では、お借入可能か判断できませんでした。」との文章が出ます。この場合は、審査を受けても落ちるケースの方が多くなります。

 

アイフルには「1秒診断」という名前のツールがあり、「年齢」、「雇用形態」、「年収」、「他社借入金額」の4項目を入力します。雇用形態や年収が含まれているため、アコムよりは実際の審査に近い判定になっています。

 

そして、年齢の項目で20歳未満や70歳以上を選択したり、雇用形態の項目で無職や専業主婦を選択したりした場合は、診断結果に「大変申し訳ありません。当社規定によりお借り入れができません。」という文章が表示されます。

 

なお、カードローンの利用条件は安定収入であり、収入の多寡は関係ないので年収が100万円でも申込可となります。ただ、年収がそれなりにあっても、他社借入額が相対的に多過ぎると不可が出ます。

 

そして、アイフルでは判定不明な場合は「ご入力いただいた情報だけではお借り入れ可否を判断できませんでした。」という文章が出ます。この場合は、詳細な情報を入力する正式な申込をして審査結果を待つしかありません。

 

消費者金融の審査に関しては、消費者金融でキャッシング!借り換えも解説が参考になりました。是非参考にしてみてください。

続きを読む≫ 2016/08/25 16:49:25

借りれた男女のイラスト図

消費者金融は貸金業法に沿って営業していますので、年収の3分の1以上の貸付は禁止となっています。

 

しかし、消費者金融でも総量規制以上に借りれることは実際には可能なんです!それは総量規制例外貸付または、総量規制除外貸付で借りる場合です。

 

総量規制は年収3分の1を超える貸付を禁止としていますが、資金需要者には様々なケースがあり、一律に3分の1までと規制すると支障が出てくることが考えられますので、総量規制にも例外貸付と除外貸付が存在し、それらの貸付の場合は、年収の3分の1以上でも融資が可能となっているのんです!

総量規制例外貸付ってなに?

総量規制例外貸付とは、主におまとめローンや借り換えローンなどの、顧客に一方的に有利となる借り換えや、段階的に債務を減らす借り換え、緊急医療時の貸付、配偶者との年収の合算貸付などがあります。

総量規制例外貸付の種類
  1. 顧客に一方的に有利となる借り換え・段階的に債務を減らす借り換え
  2. 緊急の医療費の貸付
  3. 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金貸付
  4. 配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付
  5. 個人事業者に対する貸付
  6. 預金取り扱い金融機関からの貸付を受けるまでの「つなぎ資金」に係わる貸付

上記が総量規制以上でも借りれる貸付となりますが、実際に借りられるとしたら、1番の顧客に一方的に有利となる借り換え・段階的に債務を減らす借り換えになるでしょう。

 

その他に関しては消費者金融側の手間が大きいので、どこも貸付はしていないと思った方が無難です。

 

では、顧客に一方的に有利となる借り換えや段階的に債務を減らす借り換えとは何なのか?と言えば、おまとめローンや借り換えローンのことなのです!

 

細かく言えば、顧客に一方的に有利となる借り換えと、段階的に債務を減らす借り換えは、内容が違ってきます。

【顧客に一方的に有利となる借り換えの条件】
顧客に一方的に有利となる借り換えは、借り換え前よりも金利が1%でも下がり、尚且つ総返済金額が以前よりも下回ることが条件となっています。

【段階的に債務を減らす借り換えの条件】
段階的に債務を減らす借り換えは、借り換え前よりも金利が1%でも下がり、返済専用のローンとなっていることが条件となります。

顧客に一方的に有利となる借り換えは使いづらい?

男性イラスト

上記2つの条件を見て分かると思いますが、顧客に一方的に有利となる借り換えは、金利が下がる以外にも、総返済金額が借り換え前よりも下がることが条件となっています。

 

これは意外に厳しいことで、金利を下げたとしても、返済期間を余裕をもって前よりも長くした場合(毎月の返済金額を引き下げると返済期間は長くなる場合があります)、総返済金額は借り換え前よりも上回る場合が多いのです。

 

おまとめローンは金利を引き下げるて一本化することですが、債務者にとって一番喜ばれることは、毎月の返済金額の軽減です。

 

おまとめローンをする人は負債が多い傾向があり、毎月の返済が厳しい人がほとんどです。仮に低金利で一本化したとしても、毎月の返済金が同じならば、あまり魅力を感じない人もいるのです。

 

金利は下がっているので、同じ返済金額でも元金が多く減り、返済回数も短くなっているのですが、毎月の返済金額も引き下げて、余裕をもって完済まで返済したいと言うのがおまとめローンで借りたい人の本音なのです。

 

そうした場合、仮に今現在4万円の返済金額で、おまとめローン後は25,000円になり、多少総返済金額が増えても、それの方が良いというケースが多々あります。

 

消費者金融の実務からすると、この総量規制例外貸付の顧客に一方的に有利となる借り換えは債務者にとってはあまり良い商品にはならないのです。

消費者金融のほとんどは段階的に債務を減らす借り換えで契約

男性指さし画像

現状、消費者金融のほとんどは段階的に債務を減らす借り換えで総量規制例外貸付をしています。

 

この段階的に債務を減らす借り換えは金利を下げて、返済専用(追加借入禁止)のローンにすればOKになりますので、総返済金額は条件にありません。

 

そのため、プロミスやアイフルなどのおまとめローンでは、基本的に契約後追加借入ができず、返済しかできないローンになっているのです。もし、おまとめローン後でも追加で借入をしたい!と思っている人は、消費者金融のおまとめローンには申込みせずに、銀行カードローンでおまとめローンを契約することをおすすめします。

 

銀行の場合、総量規制はありませんので、仮におまとめローンで融資したとしても、原則、限度額内での借入はOKとなっています。

 

しかし、おまとめローンで限度額内で借入していては、いつまでたっても借金は減っていいきませんので、私自信の個人的にな考えだと、おまとめローンまでする人ならば、返済専用にして、完済まで借入をしない方が絶対的に借金は早くなるなると思います。

 

どちらにするかは、貴方次第なのですが、おまとめローンは返済金額もそうですが、収入・支出を細かく計算して、無理のない返済計画を立てることが最も重要なことです。

続きを読む≫ 2015/10/11 15:01:11

借りられなくなった男性画像

総量規制とは、年収の3分の1までしか借入ができないのですが、もし仮にこの総量規制をオーバーしてしまうと、どうなるのか知っていますか?

 

結論から言えば、借金の金額が年収3分の1未満になるまで、追加借入ができません!ただ、これだけです。

 

というか、まず、総量規制オーバーになるには、年収3分の1以上借りることが条件となってきますが、消費者金融やクレジットカードのキャッシングは指定信用情報機関での情報を見ていますので、基本的に総量規制以上に借りることができません。

 

この指定信用情報機関のデーターはリアルタイムで登録しているので、同時申込みぐらいのタイミングであれば、データー更新はされていない可能性もありますが、1日や2日の間隔であれば、間違いなく最新のデーターが登録されています。

 

そのため、年収1/3を超えて借りることは基本的に消費者金融では不可能となるのです。

消費者金融では無理でも銀行カードローンは借りれるの?

当サイトトップページにも書いていますが、銀行カードローンは総量規制は関係ないので、総量規制オーバーでも法律的には借入することが可能です。

 

しかし、銀行は消費者金融よりも審査が厳しくなるので、総量規制以上に借りたいのならば、フリーローンで申込みするのではなく、おまとめローンや借り換えローンでお申込みしたほうが、審査に通りやすくなる可能性があります。

 

銀行は個人向け融資に今力を入れており、仮に消費者金融で数件借りていて、返済能力が微妙だと判断した場合、フリーローンでの融資よりも、負債(借金)が現状よりも増えない、おまとめローンや借り換えローンでの融資の方を好みます。

 

今の負債金額で返済ができているのであれば、低金利へ借り換えした場合、毎月の負担も減るので、銀行としては借り換えローンであれば貸付可能と判断する場合もあるのです。

 

総量規制オーバーになって借りられないのは消費者金融などの貸金業者であって、銀行カードローンは審査次第でも借りることができます。そのことからも、より多くの借りれをしたいならば、最初から銀行カードローンへ借入してから、消費者金融へ申込みした方が多くのローンを借りれることになるのです。

総量規制オーバーしたらずっと借入ができないのか?

腕組み男性イラスト

一度総量規制MAXやオーバーした人は、年収を上げるか、借金を減らすまで原則貸金業者からの借入はできません。

 

すぐに年収を上げるのは困難なので、やはり借金を減らす以外方法が無いと言えます。例えば年収300万円の人は総量規制で借りられる金額はMAXでも100万円となります。

 

もし、借金が105万円ある人ならば、毎月返済を多めにしていき80万円まで減った場合、残り20万円はまた借入ができることになりますが、消費者金融などの貸金業者は自社で10万円以上の追加借入をした人を対象に定期的に信用情報を調査していますので、総量規制オーバーになった時点で、消費者金融は追加借入を停止します。

 

今までATMからカードを使って追加融資を受けていた人でも、借金の金額が年収3分の1以上になれば、カードから借入もストップしてしまうのです。

 

毎月返済後に追加で借入していた人にとっては、追加融資ができなくなったことによって、返済不能になる場合もあります。カードが使えなくなるのに基本的に消費者金融側から連絡はありませんので、自分自身であといくらまで借りられるのか、年収と負債の金額を把握しておくことが重要と言えます。

続きを読む≫ 2015/10/11 13:54:11

ホーム RSS購読 サイトマップ